読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月9日は救急の日 いまさら聞けないAEDの使い方と設置場所を可視化してみた

皆さんは今日は何の日かご存知でしょうか?

タイトルに書いてある通り今日は「救急の日」です。

 

救急の日の由来は以下の通りです。

救急の日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから、救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。

引用:9月9日  救急の日|なるほど統計学園

 昭和57年に定められていて結構昔からあったみたいですね。

そこで今回は救急の日ということで、AEDの設置場所について皆さんに認識してもらえるようブログを書いていこと思います。

 

そもそもAEDってなんだっけ

AEDという名前を知らない人はほとんどいないと思います。でもそもそもどいういう目的で使用するのか、またはどのように使うのかを知らない方は結構多いんじゃないかと思います。

 

地元でAEDの講習などを受けた方もいらっしゃると思いますがもう一度おさらいしていきましょう!

 

AEDとは

AEDは、Automated External Defibrillatorの頭文字をとったもので、日本語訳は自動体外式除細動器といいます。小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断します。もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること(電気ショック)で、心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。

器械の電源を入れれば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でもこの器械を使って救命活動を行うことができます。

引用:AEDって、何ですか? | AEDで助かる命 | 公益財団法人 日本心臓財団

 AEDは使用することによって素人でも心配機能停止などの急病で倒れてしまった人の命を助けることができるのです。

 

引用した記事にも書いてある通り、AEDが自動で心臓の状態を判断してくれるので心配はありません。また、音声で使い方の指示をしてくれるので、迷うことなく救命活動をすることができます。画期的な機会が身近に存在しているんですね、、、

 

しかし、実際は平常心を保ったまま救命活動をすることなんてできるのか心配ですよね。

 

AEDの使い方のおさらい

AEDは音声で使い方を支持してくれますが、一応本番前に使い方を知っておいた方が良いと思います。

AEDの電源を入れる

まずはAEDの電源を入れます。機種によってはふたを開けると自動で電源が入るものもあるようです。

パッドを貼る

倒れている人の衣服を取り除き胸をはだけます。AEDに入っているパッドの1枚を胸の右上に、もう1枚を胸の左下の素肌に直接貼り付けます。パッドを貼る間もできるだけ胸骨圧迫を続けます。 

安全確認をして除細動ボタンをON

1. 「離れてください。心電図の解析中です」との音声メッセージとともに、AEDが自動的に解析を始めます。

2. 電気ショックが必要な場合は「ショックが必要です」と音声でその必要性を教えてくれます。周囲の人が倒れている人に触れていないことを確認して、ショックボタンを押します。

胸骨圧迫再開

電気ショックの後は直ちに胸骨圧迫を再開します。AEDの指示に従い、約2分おきに心肺蘇生とAEDの手順を繰り返します。

AEDの設置場所

日本全国にあるAEDの数は約28万台もあります。しかし、救命するにあたってAEDの設置場所がわからなくては意味がありません。あたりを見回してもあるかどうかはその時次第です。

そこで今回は東京都のAEDの設置場所を可視化してみたいと思います。

 

AEDの設置場所を探すには

AEDの設置場所の情報なのですが財団全国AEDマップというものがありますのでそちらを参照していただければすぐに周辺のAEDを探すことができます。

いろいろな形で条件指定することができるので便利だと思います。いざという時のためにブックマークしておきましょう!

 

f:id:yunosuke1107:20160909181125p:plain

リンク:財団全国AEDマップ

 

精度Aと精度BのAEDの設置場所 

今回は精度Aと精度Bの設置場所を可視化してみます。

 

ここでいう精度Aとは「点検担当者の配置あり」、「新規登録日(情報更新日を含む)から2年未満」及び「ピンの移動歴あり」

 

精度Bとは「点検担当者の配置あり」及び「新規登録日(情報更新日を含む)から2年以上4年未満を経過」、ただし、ピンの移動歴は問わない

 

つまり精度Aの方が位置情報を詳細に書いてあるので見つけやすいということです。

 

 AEDの設置場所を見てみると西側がほとんど設置されていない!!

確かに人口は少ないけれども少なすぎじゃないでしょうか...

23区はやっぱり多いですね。それと八王子しあたりも負けていません。

 

ちなみに心配機能停止になってから3分経つと脳が死に始めるそうです。ということは3分以内にAEDをとりに行って戻ってくる。そして蘇生活動を始めなくてはなりません。

 

その短い間で取りに行くとしたら大体250m圏内にAEDがないとほぼ不可能でしょう。

なので今度はAEDの設置場所から250m圏内を円で囲ってみました。

f:id:yunosuke1107:20160909190031p:plain

これは新宿区周辺の地図なのですが、これを見てみると結構穴場が多い...。

サークル内であれば生存率は高くなるでしょうが、サークル外の場合はAEDを3分以内に取りに行くことができません。そう行った場所がほとんどですね。

 

まぁこれは精度Cを抜いてるからこんだけすっかすかなんですけど。ぶっちゃけ精度Cの場合は住所のみ書いてあるのでどこに(何階にあるのかとか)あるのかがわかりません。

 

急に人が倒れることは滅多にないかもしれないかもしれませんが、もう少し満遍なくAEDを設置しておいてほしいものですね。

 

おまけ

AEDの設置数TOP10

f:id:yunosuke1107:20160909191107p:plain

 

広告を非表示にする