3ヶ月経ったド素人ブロガーの真実〜これがブログの現実だ!〜

f:id:yunosuke1107:20161130224944p:plain

はてなブログを始めて今日で大体3ヶ月が経ちましたので、その報告として記事を書いてみようかと思いました。

そもそも何でブログを始めようとしたのかというと、データ分析に興味があったので、自分でコンテンツを作成して、データをためて改善していけるのかを実践してみたかったからです。アドセンス広告を設置していますが、おまけ程度のものです。収益が出ればラッキーくらいの(笑)

 

と言ってもこのブログを見ている人はおそらく(ほぼほぼ)いないのですが、、、。タイトルにもあるようにド素人ブロガーは3ヶ月経ってもPV数はなかなか伸びないのです。

 

その悲しい現実をみなさんと共有したいというのと、これからブログを始めたいなぁという方への僕なりのアドバイスをお伝えしていこうと思います。

 

このブログのPV推移

まずはこのブログのPV推移から見ていきましょう。これが実は面白いんです。

f:id:yunosuke1107:20161130221227p:plain

ブログを始めたのは2016年9月6日でまさかの一週間後に書いた記事が1日で1300PVに達しました。何の記事を書いたのかというと、何を書こうか少し悩んでいたので、「Googleトレンドを見てこのニュースをとりあえず要約してみるか〜」くらいのノリで記事を書いたらまさかのすぐにPVが跳ねました。この時は正直驚きました。

 

しかし、その後すぐにPV数は落ちていき今日までずっとこの調子です。まぁあの記事がたまたま検索に引っかかってくれたからなんですけどね、、、。大した内容は書いていないのにPVが跳ねただけであってコンテンツの内容が優れていたわけではないのです

ちなみにその時に記事がこちら。

 

data-naly.hatenablog.com

 

先ほどのグラフだとPVが跳ねた記事が邪魔で成長がわかりづらいので、10月以降のPV数を見てみましょう。

f:id:yunosuke1107:20161130222245p:plain

おお!一応右肩上がりの成長をしているように見えます。山あり谷ありではありますが地道にPV数を獲得してきています。

 

一応今日までの3ヶ月間で書いた記事は30記事です。なので1ヶ月に10記事くらいのペースで書いていることになります。

よく見るブログのコツとしては、3ヶ月で100記事とかありますけど、確かに100記事くらいかけばそれなりのPV数は見込めそうですね。

 

ちなみにニュース系の記事を抜いてこのブログで一番PV数が多かったのはこちらの記事でした。

 

data-naly.hatenablog.com

 

この記事は自分なりの体験談を書いてみようかなぁと思って書いた記事で、なおかつ統計検定は結構マイナーな資格だからそれなりにPVが獲得できるんじゃないかと思いました。

 

なのでこのブログとしてはマイナー(競争の少ない)なところを攻めた結果PV数が伸び始めたのではないかと考えられます。確かにみんなが頑張って記事を書いているような内容に勝てる気がしない、、、。

 

現実を思い知った

私も最初は月間数十万PVも獲得していいるブロガーさんの記事を見て、これなら自分でもいけるんじゃないかという勝手な妄想でブログを始めました。

 

でも現実はそんなに甘くはないのでした。普段のPV数なんかほとんど1桁が当たり前。こんなんじゃやる気なんてなかなか起きませんよね。

 

「よくPV数は見るな!」とか言っている方もいますが、確かに見ないことでモチベーションをキープすることはできますが、実際見ちゃいます(笑)

 

その現実を見てしまうとやはり記事の更新を止めてしまうことが多かったです。だから3ヶ月経っても30記事、、、。

 

しかし、最近は何かとPV数が2桁になるようになってきて少しずつモチベーションが回復してきています

 

それもちゃんとした内容の良い記事を書いて、その記事がPV数を獲得する傾向にあるような気がします。なので、ただただ量産するのではなく質を意識したコンテンツを作り上げることが大切なのかなと改めて実感しました

 

ブログは根気強くやろう

これからブログを始める方、ブログは根気強くやりましょう。これは自分にも言い聞かせています。そもそも何のためにブログをやっているのかというのが人によっては異なりますが、根気強くやっていればそのうちPV数は伸びると思います。頑張って下さい。

 

ちなみにPV数だけでコンテンツを評価してはいけませんからね。今回は分かりやすくPV数のみを取り上げましたが、本気でブログによって収益を手にしたいという方はPV数だけを見ていても何の改善案も出てこないものです。

 

捉えずはそれなりのコンテンツを仕上げてデータを取得してから改善策を練りましょう。