セルのデータ結合とセルの区切り方 Excel2016

Excelを使っていてセルに入力されている文字を結合させたい時や、その逆でセル内に入力されている文字を分割したい時の解決方法を紹介します。

 

セルの結合や区切りはExcelを使っていると結構使う時が来るので押さえておくと良いと思います。また、使えるようになると作業効率もグンと上がると思います。それでは解説に入りましょう。

セルのデータ結合

 

まずはセル内の文字とセル内の文字を結合する方法を解説していきます。

f:id:yunosuke1107:20161121214229p:plain

 

上の画像のように名簿があったとします。そして、姓と名を同じセル内にまとめたいとした時にはどうすればよいでしょうか?今回は名簿という単純な例ではありますが、このようにセル同士のデータを結合させたいということは結構出てくると思います。

 

「&」でくっつける

セル同士を結合する場合の解決方法は他にもありますが、今回は単純な方法として「&」を使う方法を紹介します。

 

「&」で文字列を結合したい場合は、結合し結果を表示させたいセルに次の計算式を入力するだけでできます。

=セル1 & セル2 ・・・

これだけなので何の難しいことはありませんね。結合したい文字列が入力されたセル同士を「&」で結合するだけです。

 

それでは実際にやってみましょう。

f:id:yunosuke1107:20161121215318p:plain

今回の場合は上のような数式を入力するだけでOKです。数式を入力できましたらEnterを押してオートフィルで山田花子まで数式を引っ張ってあげれば以下のようになるはずです。

f:id:yunosuke1107:20161121215516p:plain

これでしっかり一つのセルの中に山田太郎と表示されましたね。また、「山田太郎」ではなく「太郎山田」にしたい場合は、計算式を入力する際にセルの選択を逆にすることで「太郎山田」にすることができます。

 

姓と名の間にスペースを入れたい場合

「姓と名の間にスペースを入れたい」と言った場合もおそらくあるかもしれませんので、そちらの方法もここで解説しておきたいと思います。

 

もしスペースを入れたい場合は下記のような数式を入力します。

=セル1 & " " & セル2

先ほどの計算式とほとんど一緒で、変わったところとしては真ん中らへんにあるやつですね。

 

これはセル1とセル2の間に半角スペースを結合しているだけです。計算式を入力する際に文字列を書き込む場合はダブルクォーテーション("")で文字列を囲うことがExcelでは鉄則ですよね。なので、文字列として半角スペースを「&」でくっつけてあげれば、姓と名の間に半角スペースが入ることになります。

 

もちろん半角スペース以外にも「・」や「/」などの記号や「さん」「くん」などを最後に結合することも可能です。

 

それでは実際にやってみましょう。今回は姓と名の間に半角スペースを入れて、最後に「様」を結合してみましょう。

f:id:yunosuke1107:20161121220922p:plain

今回のケースの場合は上の画像のように数式を入力することで「山田 太郎様」と表示させることができます。

オートフィルを適応して結果を見てみましょう。

f:id:yunosuke1107:20161121221119p:plain

しっかりと表示されていることがわかりますね。

 

このようにして文字列を結合することができます。他にも自分なりに工夫してみることで応用の効いた結合ができるようになると思いますので是非挑戦してみてください。

 

セル(データ)の区切り方

セルの結合の仕方はもうご理解いただけたと思います。それでは次はセルの区切り方について解説していきたいと思います。

 

セルを結合することができるのなら、セルを区切ることだってできるはず。そうお考えの方も多いかと思います。そして、そのような使い方をしたい方もたくさんいると思います。

 

ネットでテキストをコピーしてExcelに貼り付けると、貼り付け方次第でテキストが区切られる場合もありますが、たまに一つのセル内にすべてのテキストが入力されてしまうといったこともあります。

なので区切る方法もこの際覚えておきましょう。

 

データタブの区切り位置を使う

セル(データ)を区切りたい時はデータタブ内にある区切り位置というものを使うことで解決することができます。

 

せっかくなので先ほどの名簿を再利用して、実際にやってみましょう。

f:id:yunosuke1107:20161121222036p:plain

「山田 太郎」と「山田 花子」がセルの中に入力されていますが、これを姓と名に分割したいとします。

 

この場合はC列を選択してから、データタブの区切り位置を選択します。

f:id:yunosuke1107:20161121222510p:plain

①区切りたい列を選択する

②データタブから区切り位置を選択する

すると以下のようなダイアログボックスが表示されるかと思います。

f:id:yunosuke1107:20161121223001p:plain

ここでは「区切り記号付き」にチェック(デフォルトでついていると思います)をつけて「次へ」を押します。

 

すると今度はフィールドの区切り文字を選択してくださいと表示されるはずです。

f:id:yunosuke1107:20161121223136p:plain

そうしたらデフォルトでは区切り文字として「タブ」にチェックがついていますが、「スペース」にチェックをつけます。

 

なぜスペースかというと、「山田 太郎」という文字列には姓と名の間に半角スペースがついているからです。もし半角スペースではなくカンマが姓と名の間についていたら、カンマを選択することになります。

 

その他にはタブやカンマ、スペースなどの文字列以外で区切りたい場合に自由に入力することができますので、とても便利です。

 

ひとまずここでは「スペース」にチェックを入れましょう。

f:id:yunosuke1107:20161121223628p:plain

そうすると、下にある「選択したデータのプレビュー」に区切り線が表示されていること思います。これはスペースが入力されているところで区切っていますよということになります。

 

今回の場合はここで「完了」を押せば区切ることができます。

f:id:yunosuke1107:20161121223835p:plain

最初は一つのセルの中に「山田 太郎」と表示されていましたがしっかりと姓と名で区切ることができましたね。

 

今回の解説は以上になります。皆さんも是非使えるようになってみましょう。

 

 

広告を非表示にする