Excel(エクセル)SUM関数の使い方 2016

 Excelの関数の中では基本中の基本とも言えるSUM関数について今回は解説をしていきたいと思います。

 

 私が扱うバージョンとしてはExcel2016ですが、それ以降のバージョンでも特に問題はありませんので安心してください。

 

 今回が初回の解説記事ということで、最初は簡単に関数とは何かについてお話しします。Excelで扱う関数とは何かご存知の方や、とにかくSUM関数を扱えるようになりたいという方は読み飛ばしても構いません。

 

Excelの関数とは

 関数とはあらかじめ定義された数式のことで、引数(ひきすう)と呼ばれる特定の数値を用いて、特定の順序で計算を行います。

 

 これだけだと訳わかりませんが、要するに用途に合わせて関数を用いることでやりたいことを簡単に達成してくれるようなものだと最初は解釈しておくだけで十分だと思います。

 

 Excel初心者であれば、この範囲の合計を「求めたいんだけどなぁ」って時にこの関数が役に立ちます。前述の問題の場合は、今回解説する「SUM関数」を用いることで可決することができます。

 

SUM関数とは

 それでは早速「SUM関数」について解説していきます。SUM関数とは、指定した範囲の数値の合計を自動的に計算してくれる関数のことです。この関数はExcelを普段から使用していればかなり頻繁に登場する関数なので、使い方をマスターしておくことをお勧めします。

 安心して欲しいのは、SUM関数の使い方は本当に簡単ということです。一度使い方がわかってしまえば、おそらく忘れることはないでしょう。しかも、作業もぐっと楽になると思います。

 

使い方

 それでは使い方について解説していきたいと思います。SUM関数を使用する際の数式は以下のようになります。

=SUM(数値1,数値2,・・・)

 このような数式を合計値を算出したいセルに入力するだけでOKです。「数値1」や「数値2」とは、合計したいセルをするだけでです。

 

 実際にはどのようにするのかやってみましょう。今回例としてあげるのは、「ある4店舗のお店の売上高の合計を求めたい」とします。以下の画像のように店舗がA~Dまでの4つあり、各店舗の売上があります。そしてその4店舗の売上高の合計をB6セルに表示したい場合は下記のように数式を記入することで求めることができます。

f:id:yunosuke1107:20161102205853p:plain

  今回の場合は下記のように数式を入力するだけで簡単に求まります。

=SUM(B2:B5)

・合計を求めたいのでまずはSUM関数を指定します。

・次にA~Dの売上高の合計を求めたいので 、その範囲「B2:B5」をSUM関数の中に入れてやればOKです。

 

 ここまで入力して実際にEnterキーを押すと以下のようになります。

f:id:yunosuke1107:20161102210625p:plain

 合計が800となっていてちゃんと計算されていることがわかりますね!基本的にこのようなつか方をするだけで簡単に合計値を求めることができますので皆さんもうまく活用してみてください!

 

 SUM関数の次はAVERAGE関数

 

広告を非表示にする