ヒラリークリントン肺炎で倒れる 現在の容態は?

f:id:yunosuke1107:20160912121259p:plain

先日ニューヨークで開かれた2001年9月に発生した同時多発テロの追悼式に出席したヒラリークリントンが体調を崩し倒れたとのニュースがありました。

 

同時多発テロについてはこちら

 

data-naly.hatenablog.com

 

その後マンハッタンにいる娘の自宅で数時間休息した後、体調は良くなったと本人は主張していました。

 

医師によるとヒラリー氏は9日に肺炎という診断結果が出ました。肺炎が心配されるが、徐々に回復傾向にあるようです。

とりあえずは安心といったところでしょうか。

 

改めて肺炎の症状とは

今回を期に肺炎の症状についてまとめてみました。肺炎の種類にも様々なものがあり、それに対して症状も異なります。

肺炎になる原因としては喫煙をはじめ、細菌性肺炎やウイルス性肺炎(インフルエンザ等)・非定型肺炎(マイコプラズマ)などがあります。

それらの症状は、発熱や咳などがありひどい場合は呼吸困難にまで至ります。

 

 

原因別死亡率で肺炎は4位

皆さんもご存知かもしれないですが、日本の死亡原因のランキングとしては肺炎は4位なのです。

全体から見ると約10%は肺炎が原因で死亡に至るというケースがあります。

 

この数値を見ると肺炎は侮れませんね。

 

肺炎は予防することも可能

肺炎は予防することも可能のようです。しかし、予防を続けているからといって必ずしも肺炎にかからないという保証はどこにもありません。

でもできるだけ予防はしておいたほうが良いでしょう。

 

どのように肺炎の予防をするかというと、意外と簡単で「うがい」や「手洗い」「マスク」の着用をすることで発症を防ぐことが可能になるようです。

また喫煙は控えることで免疫力を高めることが有効です。

 

口の中を常に清潔に保つことが重要ですね。

 

 

 

最近のニュース

 

data-naly.hatenablog.com

 

広告を非表示にする