誰もが4億円を手にできる方法!?

 

人生生きていく中で必ず必要になる「お金」。お金なんかより「愛」の方が大切だという方もいらっしゃいますが、実際はお金がないと何も始まらない世の中ですよね...。

 

そしてこの世の中には大金を手に入れることができる宝くじやギャンブルがあります。

しかし、それにめぐり会う人なんてほんの一握りの人間だけなのです。

 

でも誰もが努力をすれば4億円を手にすることができるかもしれない方法があります。

 

さて、どんな方法でしょうか?

 

 

ちなみに、最近のサラリーマンの生涯年収は以下の通りになっています。

サラリーマンの生涯年収

 

2000年と2010年で比べてみると約2000万円以上の差があるのがわかります。

10年前と比べると2000万円も収入が減っているのは悲しい現実ですね...

 

しかし、誰でもその生涯収入を大きく超える大金を手に入れる方法があるのです。

 

誰もが4億円を手に入れられるの?

その方法とは、「全国の自動販売機の下に落ちているお金をかき集める」です。

 

「馬鹿らしい」と思う方がたくさんいらっしゃると思いますが、正直これは馬鹿と言って間違い無いでしょう。

 

しかし、本気で集めようとすれば集められなくも無いかもしれないのです...!

 

では、実際に集めようとしたらどのくらいの緻密な努力が必要になるのでしょうか?

 

自販機の下にお金がある確率 

昔は親にもらったお小遣いを握りしめてよく自販機にジュースを買いに行きました。

お金を入れようとしたその瞬間てから落ちたお金は自販機の下に...。

頑張って取ろうとしても取れず諦めしくしく帰るなんてこと一度はあるんじゃ無いでしょうか?

 

 

そう考えると結構お金が落ちているんじゃ無いかと思いますね。

 

実際は、自販機の下を覗いた時にお金がある確率は約10% だそうです。10台に1台はお金がいくらか落ちていることになります。

 

また、ある調査によると、1台あたりの金額は9円程度だそうです。

 

高いようで高く無いですね...。正直もっと落ちているんじゃ無いかと思いますが。

 

日本の自動販売機の台数は約500万台

 

日本全国にある自動販売機の台数はなんと約500万台もあるそうです。

 

日本の人口は約1.2億なので、25人に対して1台の自動販売機があるようです。これを多いととらえるか少ないととらえるか。

 

ついでに都道府県別の自動販売機台数を見てみましょう。

※このデータは全ての自動販売機を含めておりません

 

都道府県別自動販売機台数

 

これを見てみるとやっぱり東京都名古屋が多いんですね。意外に三大都市である大阪が秋田や石川より台数が少ないのが気になりますね...。

 

4億円を手に入れるのに必要な労力

 

結局のところ全国の自動販売機の下を覗いて、お金をかき集めるとしたらどのくらいの労力が必要になるのでしょうか?

 

22歳〜60歳までの間で平日全てに労力を注ぐと、1日で約537台の自動販売機を調べなくてはいけません。

 

1日の労働時間を8時間としたら、1時間に67台...

 

これ、普通に働くより過酷ですよね...。最初は自分の住んでいる周辺あたりですまされますが、次第に遠くの地域まで行かなければならなくなるので現実味がないですね。

 

 

てことで結局はちゃんと職を探してしっかり働くことを目指した方が良いですね。

しかし、一応不可能ではない感じはしますので、もし全てを失って家もなくなってしまったら自動販売機に頼ろうかな...

 

広告を非表示にする