就活生必見 志望動機作成のポイント

エントリーシートには必ず「志望動機」を記入する欄があるし、ほとんどの面接で志望動機を聞かれます。

 

その会社に入りたいから受けているというのになぜか志望動機が浮かばないという方が結構いらっしゃるんですよね。なので今回は志望動機作成のポイントをいくつか紹介していきたいと思います。今回紹介する方法が必ず効果的というわけではないので、あくまで参考程度にしておいてくれれば良いです。

 

志望動機のポイント

志望動機はは自己理解と企業研究のマッチング

f:id:yunosuke1107:20161203003846p:plain

企業が求めているのは、まず応募する会社のやっていることや業務内容を理解して応募しているかという点です。

会社のやっていることや業務内容を理解していない人が応募してきても門前払いされるのが普通でしょう。ということは業界研究企業研究などが必然的に大切になってきます。 

 

業界研究や・企業研究をしてみて、自分なりに興味を持った点を抑えましょう。そうすると意外と質問してみたいことが出てきたりします。その場合は説明会などで質問してみると良いでしょう。

 

そして自分と企業とのマッチングを考えることが重要です。「どのように応募企業を理解し、どのように自分の持ち味を活かして仕事をしていきたいか」といったことが面接で多くの企業が質問してきます。

 

注意点としては、どこにでも通用する志望動機は採用担当者にとって魅力のないものになってしまうので気をつけて下さい。

 

まずは企業研究と自己理解が重要なポイントとなってきます。

 

企業研究のポイント

とにかく情報を収集

企業研究の第一歩としては、気になる企業のホームページからその企業がどのようなことをやっているのかを研究することです。企業によってはホームページがない場合や情報が少ない場合がありますが、それでも採用情報や求人票の仕事内容の説明を見ればある程度その会社がやっていることが見えてきます。また類似する企業を参考にしてみることも一つの手段かもしれませんね。

 

また、調べている間にわからないワードなどがあったらすぐに調べる癖をつけておきましょう。学生からするとあまり馴染みのないワードなどが多くありますが、そのワードを理解することで、社会人との会話についてこれるようになります。

 

そして、その会社のやっていることが見えてきたら、興味が湧くかを考えてみましょう。興味もわかないのに応募して、もしも内定を頂いたとしても入社してから苦痛になるだけです。

 

その会社の役割を知る

次にその会社のやっていることの業界の役割や大切さを知りましょう。「もし、その会社のやっていることや製品やサービスの提供がなかったら」と考えてみると理解しやすいです。

そうすることでその会社の重要な部分、強みや弱みが見えてくるものです。

 

また、志望する会社の次の3つのポイントを自分なりに考えてみましょう。

  • この会社のここが良い
  • この会社のここに興味がある
  • だから入社して歯車となって仕事がしたいを表す

 

求める人物像を意識する

志望する会社や職種で求められる能力を考えてみましょう。その能力は自分に備わっているか、その能力を身につけてみたいかなどなど。

 

面接では熱意を伝えることがとても大切です。熱意は行動に表れるもので、熱意はあなたの一生懸命さを採用担当者に伝える最良の方法です。

 

将来自分がどうありたいかというビジョンを持つと熱意が伝わりやすいです。 

実際に志望動機を書いてみる

ある程度情報を収集し、志望する会社がどのようなことをしていてその会社に興味を持てたのならば、一度志望動機を書いてみましょう。

基本的な書き方

私は貴社の業務を行うと共に活躍されている〇〇業界について「〜〜〜〜〜〜〜」という点で〇〇業界に興味を持ちました。

その中でも貴社の「〜〜〜〜〜〜〜」である点にとても魅力を感じると共に共感ができました。

私の強みである「〜〜〜〜〜〜〜」を活かして貴社の店舗で販売(仕事)に役立てたいと考えています。

そして、入社後は「〜〜〜〜〜〜〜」したいと思い志望しました。

 

まずはかっこの中身を自分なりに書いてみましょう。もちろんこのような書き方をしなくたって良いです。

広告を非表示にする