読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ同時多発テロから15年 何があったのか振り返ってみる

2001年9月11日にアメリカ合衆国ないで起こった同時多発テロ事件から昨日でちょうど15年が経ちました。

 

これに対してオバマ大統領は「テロに直面しても、我々を分断しようとする相手に負けるわけにはいかない。人種や信仰にかかわらず、すべての人を公平に扱うことがアメリカを偉大にする」と話しています。

 

オバマ大統領は過激派組織イスラム国などの壊滅に全力を挙げるという発言もしているようです。

 

追悼式にはヒラリークリントンが出席しました

data-naly.hatenablog.com

 

 

当時どのようなことがあったのか振り返ってみる

そういえば当時はどのようなテロ事件が起こっていたのでしょうか?これを機会にもう一度振り返ってみましょう。

 

2011年9月11日にアメリカ合衆国内で航空機を使ったテロが同時に4箇所で発生したことが同時多発テロの由来です。

この事件は航空機を使った史上最大のテロ事件となりました。その後、アメリカ軍は「アフガニスタン紛争」と「イラク戦争」を行いました。

f:id:yunosuke1107:20160911224942p:plain

ハイジャックされた旅客機は4つ

当時の朝にモハメド・アタを中心とするアラブ系のグループによって4機とも同時にハイジャックされた。そのうち2機はニューヨーク・マンハッタンへ、残り2機はワシントンDCへと向かわせた。

アメリカン航空11便

ボストン発のアメリカン航空11便はの乗客81名、乗員11名の計92名を乗せて出発し、その約20分後にハイジャックされました。

 

そしてテログループにより進路を変え、ニューヨーク世界貿易センターの高層ビルの109階に衝突し爆発炎上しました。機体の残骸はほとんど原形をとどめていなかったと言われています。

ユナイテッド航空175便

ユナイテッド航空175便は乗客56名と乗員9名の計65名を乗せボストンを出発しました。

 

他の被害にあった旅客機と同じ時間にハイジャックされ、ニューヨークに進路を変えた後こちらもニューヨーク世界貿易センターの高層ビル109回に衝突し爆発炎上しました。

 

アメリカン航空11便と違い衝突時に急旋回をしていたため、多くの回を巻き込み多くの死亡者と負傷者を出しました。

アメリカン航空77便

ワシントンDC発のアメリカン航空77便は乗客58名、乗員6名の計64名を乗せて出発しました。その約30分後にハイジャックされ、進路を変えた後、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省ペンタゴン)に激突し爆破炎上しました。

 

映像によると機体は水平の状態を保ったまま地面を滑走しながらペンタゴンに高速で衝突したそうです。

ユナイテッド航空93便

ニューアーク発のユナイテッド航空93便は乗客37名(日本人1名を含む)、乗員7名の計44名を乗せて出発。そのわずか数分後にハイジャックされ世界貿易センターの高層ビルに衝突しました。

 被害者は約3000人にのぼるという

この同時多発テロ事件での被害者は約3000人ほどだったようです。

このような卑劣なテロ事件は二度とあってはなりませんね。

 

今の世の中いつどこでテロ事件が発生するかわかりません。日本にも何起こることなのかもしれませんね。他人事のように思っている場合ではないということです。

 

東京オリンピックに向けて日本はさらに警戒心を高めなければいけないということを改めて認識すべきでしょう。

広告を非表示にする