文系学生が統計検定を受けます!

今月の12日に統計検定2級を受けてきます。

 

統計検定は年に2回しか試験を実施していませんでしたが、今年の8月末からCBT形式での受験が可能になりました。

 

なので早速統計検定を受けに行ってみたいと思います。

 

高校数学は数Ⅱと数Aまで

僕は高校の時数Ⅱと数Aまでしか受けていません(笑)

 

別に数学が嫌いだからとかそういうわけじゃなかったんですけど、受けなくていいんなら受けません!という感じだったので高校の時は数学離れしていました。

 

でも大学に入ってからはゼミでデータ分析を学ぶことになって、それをやっているうちにデータ分析の楽しさがわかってきたんです。

 

でもデータ分析をやっていく上で欠かせないのが統計学です。

最初はとりあえず頑張って統計学を独学で勉強してみるかと思って参考書を見てみたんですけど、高校の時に数学をほとんど勉強していなかったので全く理解できませんでした(当たり前!)。

 

でもとりあえず粘り強く勉強して、わからないところは先生にすぐに聞く。そうやっているうちになんとなくですけど感覚がつかめるようになってきて、ある程度理解することができました。

 

とりあえず統計検定3級は合格できた

去年くらいに半年ぐらいかけて統計学を勉強してなんとか統計検定3級に合格することができました!正解率は85%くらいだったと思います。

 

その勉強していく過程の中で一番参考になった本といえばコレでした。

 

はじめての統計学

はじめての統計学

 

 この本だと大体2級くらいまでの内容が載っています。こちらの本だと高校数学の1年生くらいのレベルで最初から最後まで読むことができます。

 

僕もこの本を読んで最初から最後まで読めましたし、内容もしっかりと理解することができました。章の最後には練習問題も付いているのでありがたいです。

 

統計学の数学的知識を学ぶというよりは統計学がどんな場面でどのように使われているのかという感覚を身につけるための本だと思います。

 

統計検定3級レベルであればこの本を押さえておくことで十分に合格することができると思います。

 

また、さらに統計学を知りたいという方にはよくこちらの本を紹介されています。

 

統計学入門 (基礎統計学)

統計学入門 (基礎統計学)

 

 正直僕的にはレベルが高すぎてついていけませんでした(笑)

この本を読む場合は微積分をしっかり学んでからの方が良いと思います。

 

試験日前の1週間

試験日前の1週間はひたすら過去問を解くのが良いと思います。出題傾向もわかりますし、どんな風に問題が出てくるのかもわかります。

 

過去問のオススメはこちらでしょう!!

 

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2013〜2015年]

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2013〜2015年]

 

 

 

日本統計学会公式認定 統計検定 3級・4級 公式問題集[2013〜2015年]

日本統計学会公式認定 統計検定 3級・4級 公式問題集[2013〜2015年]

 

 

これだけで十分に対策可能です!

 

 

次回は統計検定2級を受けた感想を書いてみようと思います!

 

広告を非表示にする